仙台市に特化した家政婦サービス

TOP > お洗濯ガイド > お洗濯の手引き



お問い合わせ・お申し込み

お洗濯の手引き

家政婦サービスの「エンジェル仙台」 がお贈りするお洗濯の手引きです。


1.お洗濯の基本

① 洗濯物の仕分け

 衣類についている取扱絵表示を確認し、家で普通に洗濯できるもの、おしゃれ着洗いをするもの、色落ちするもの、クリーニングに出すもの、などに仕分けます。

② 汚れのチェック・洗濯前処理

 洗濯物の汚れ具合をチェックし、汚れのひどいものは液体洗剤の原液を付けておく、専用スプレーを吹き付けておく、など洗濯前の処理をします。

③ 洗う

 洗剤は、衣類や汚れ具合によって使い分けをします。 また、洗濯機のコースも、衣類に適したものを選んで洗います。

④ 干す

 最近は洗濯乾燥機が普及してきているので洗濯物を干すことは必ずしも多くはないかも知れませんが、念のために、型崩れしづらい、しわになりづらい干し方を後ほどご紹介します。

⑤ たたむ

 お洗濯の最後の仕上げ、「たたみ方」でしわの出来方が違ってきます。 気をつけましょう。


2.お洗濯に必要なアイテム

① 洗剤

 洗濯物の種類に合わせて、普通の衣類用とおしゃれ着用の2種類を準備しておきます。

② 漂白剤

 しつこい汚れや衣類の黄ばみを落とすときに用います。 除菌や消臭の効果もあります。

③ 柔軟剤

 洗濯物をふんわり柔らかく仕上げるときに用います。 自分の好みの香のものを選びましょう。

④ 洗濯機

 洗濯容量、乾燥機能、省エネ性能(乾燥機能を使うとかなり電気を食いますので、省エネ性能はけっこう重要です)、などをよく見て、自分にあったものを選びましょう。

⑤ 洗濯ネット

 デリケートな素材の衣類を洗うときに用い、型崩れや生地の傷みを防ぎます。 洗濯物の大きさや種類に合わせてサイズや形を選びましょう。

⑥ 物干し

 言うまでもなく、洗い終わった洗濯物を干すのに用います。 梅雨時のための室内用物干しもあります。

⑦ ピンチハンガー

 洗濯ばさみ(ピンチ)がたくさんぶら下がっているハンガーです。 小物などを干すときに用います。

⑧ ハンガー

 衣類の型崩れを防ぎながら干すことが出来ます。 風が強いときのために、物干し竿に固定できるものも有ります。

⑨ 洗濯ばさみ

 洗濯物を物干し竿にとめておくときなどに用います。


3.洗剤など

① 普通の衣類用洗剤

 綿・麻・合成繊維用の洗剤です。 粉末タイプは一般に弱アルカリ性、液体タイプは弱アルカリ性から中性です。 漂白・防臭・除菌効果が高いものや、柔軟剤が入っているものもあります。

② おしゃれ着用洗剤

 ウールや絹、取扱絵表示に中性とあるものなど、デリケートに洗いたい衣類のための洗剤で、中性です。 型崩れや毛羽立ち、縮みや色あせが少ないです。

③ 漂白剤

 白物専用のものと色柄ものに使えるタイプの2種類があります。 酸素系漂白剤には、液体と粉末があります。 塩素系漂白剤は白物専用で、ウールや絹には使えません。

④ 柔軟剤

 衣類を柔らかく仕上げ、静電気を防ぐ効果があります。 水洗いできるすべての衣類に使用可能です。 香りを付けたり、嫌なにおいを防ぐ効果があるものもあります。

⑤ のり剤

 生地に適度なハリとコシを持たせ、型崩れを防ぎ、洗濯物をぱりっと仕上げるのに役立ちます。 水洗いできるすべての衣類に使用可能です。 前述の柔軟剤と混ぜて使うとしなやかな仕上がりになります。


4.洗濯機の上手な使い方

① 洗濯機の使い方

 洗濯機を使いこなす一番のポイントは、洗濯物を詰め込みすぎないことです。 洗濯物を詰め込みすぎると、汚れ落ちが悪くなったりにおいが残る原因になったりするので、洗濯物は洗濯槽の8分目を目安に入れて下さい。
ついで、洗剤の箱に書いてある使用量を守ることです。 洗剤の量は、水量と洗濯物の量によって最適値が決まっています。 洗剤の量が少なすぎると汚れ落ちが悪くなり、多すぎるとすすぎが不十分になりがちなのです。
最後に、洗濯物や汚れ具合に合わせて最適な洗濯コースを選ぶことです。  短すぎるのはもちろん、長すぎるのも衣類を傷めるので良くありません。

② 洗濯コースの選び方

ⅰ)標準コース
普段の、汚れが気になるもののお洗濯に用います。

ⅱ)手洗いコース(ドライコースorソフトコース)
ゆるやかな水流や軽めの脱水で衣類を傷めないように洗うコースです。 おしゃれ着などを洗うときに用います。

ⅲ)スピードコース
洗う時間を短縮したコースで、軽い汚れの物を洗うときに用います。

ⅳ)毛布コース
毛布やタオルケットなど、大きな物を洗うためのコースです。

家事のお役立ちガイド