仙台市に特化した家政婦サービス

TOP > お洗濯ガイド > お洗濯と干し方



お問い合わせ・お申し込み

お洗濯と干し方

家政婦サービスの「エンジェル仙台」 がお贈りするお洗濯と干し方です。


洗濯1.お洗濯の仕方

① 仕分け

 色が他の洗濯物へ移ってしまうなどの失敗を防ぐためにも、洗濯物の仕 分けが必要です。 洗い方や使う洗剤の種類によって仕分けたらば、次に汚 れ具合によって仕分けます。
 色の濃い衣類からは色移りの心配がありますので、はじめて洗うときはそ れだけ別に洗うなどして下さい。
 また、衣類のポケットの中などもチェックしておいて下さい。

② 洗濯前の処理

 汚れ方のひどい衣類やえり・そでなどの部分の汚れに対して、スプレータイプの専用洗剤や液体洗剤の原液などを事前に付けておきます。

ⅰ)えり・そでの汚れ、ドロ汚れ
 スプレータイプの前処理専用洗剤をスプレーして下さい。

ⅱ)おしゃれ着のシミ
 おしゃれ着用洗剤の原液を直接塗り、シミの部分になじませ、すぐに洗濯をします。

ⅲ)食べこぼしなどのシミ
 酸素系液体漂白剤の原液を塗ります。 そして、すぐに洗濯します。

ⅳ)黄ばみやくすみ
 酵素が入っている粉末洗剤を、ぬるま湯で使用量の目安の6倍程度の濃さで溶かし、その中に1時間ほどつけ置きます。 それから、つけ置いた洗剤溶液ごと洗濯機で洗います。

③ 洗濯ネットの使用

 大事な衣類は、型崩れや他の衣類との摩擦による傷みを防ぐために、その大きさにあった洗濯ネットに入れて洗います。 1つのネットに1枚の衣類を入れて下さい。
 デリケートなものは、裏返しにしてたたんでからネットに入れて下さい。 また、目の細かいネットに入れると糸くずがくっつくのを防ぐことが出来ます。

④ いざ洗濯機へ

 前ページで書いたように、洗濯物は洗濯槽の8分目を目安に入れ、詰め込みすぎないようにします。 それから、洗濯物にあったコースを選んで下さい。

⑤ 洗剤・柔軟剤投入

ⅰ)洗剤
 これも前ページで書いたように、洗剤の入れ過ぎも少な過ぎも良くありません。 洗剤の説明書きをよく読んで、洗濯物の量や水量にあった量だけ洗剤を入れましょう。

ⅱ)柔軟剤
全自動洗濯機で柔軟剤を用いるときには、洗濯前に柔軟剤投入口に柔軟剤を入れておきます。 そうすれば、すすぎの際に柔軟剤が自動的に流れ出るので便利です。


干す2.洗濯物の干し方

① しわ取り

 しわが出来ないように、脱水が終わったら洗濯物はすぐに洗濯槽から取 り出して下さい。 また、干すときにはしわを伸ばしてからにしましょう。

しわの取り方
ⅰ)大きなしわ
 肩や袖を持って、衣類を上下に大きく振ります。 これだけで、衣類のしわは大方きれいになります。

ⅱ)細かいしわ
 洗濯槽から取り出した後、一度衣類をたたんでから手のひらで挟むようにしてたたいてしわを伸ばします。

ⅲ)襟元などのしわ
 襟や前立て、ポケットや袖口など、しわが目立ちやすい箇所は、軽く引っ張って伸ばして下さい。

② 干し方

 洗濯を終えた衣類は、出来るだけ早く干しましょう。 ものによっては 直接日光に当てない方が良いこともあるので、取扱絵表示をしっかりチェッ クしておいて下さい。
 また、早く乾燥させるためには、衣類の重なりを少なくして風当たりを良 くすることです。  部屋干しをするときには、部屋の両面の窓を開けて空気が流れるようにし たり、扇風機を使ったりして、洗濯物に風が当たるようにしましょう。

衣類別の干し方
ⅰ)素材がデリケートな衣類
 ニット、ローゲージニット、カットソーなどデリケートで平干しマークがあるものは、型崩れを防ぐためにも平干しにします。
 専用の平干し台があれば一番良いのですが、無い場合にはピンチハンガーの上を使ってもOK!です。

ⅱ)陰干しマークがある衣類
 ウール、ナイロン、絹など陰干しマークがあるものは、日光で繊維が黄変してしまうことがあるので、必ず陰干しにして下さい。
 また、色の濃い衣類など日光で色あせする危険があるものは、裏返しにして陰干ししましょう。

ⅲ)乾きにくい厚手のズボン類
 厚手のパンツ・ジーンズ・スカートなどは、ポケットの部分だけよく乾かないことがないように、裏返しにして筒状のつり干しにします。

ⅳ)厚く重い衣類
 ニット類やスェットシャツなど厚手の衣類は、ハンガーでつり干しにしにくいことと、洗濯物の重みで型崩れするのを防ぐためにも竿干しにしましょう。

ⅴ)大物類
 毛布やシーツなど厚みのある大物類は、2本の竿を使って、中心をたるませて干して下さい。 そうすると空気の通り道が多くなるので、乾きやすくなります。
 また、スペースが狭く竿が2本無いときには、じゃばら干しにしましょう。

家事のお役立ちガイド