仙台市に特化した家政婦サービス

TOP > スタッフの声Vol.2



お問い合わせ・お申し込み

「エンジェル仙台」 スタッフの声Vol.2


「エンジェル仙台」家政婦スタッフ

 松浦 美加

 メトロポリタンホテル仙台1Fのラウンジ「シャルール」にて


早速ですが、家政婦のお仕事を始めたきっかけや動機はどのようなことだったのでしょうか?

 私には子供が2人いて、このお仕事を見つけたときには下の子が2歳でした。 当時は、子育ての合間の時間を有効活用して人様のお役に立つことで、多少なりとも収入を得られればなぁと思っていました。

 こういった状況で「エンジェル仙台」のお仕事を見つけ、早速応募したら、まず書類審査に通り、その後かなり時間をかけた面接を受けて、そしてやっと採用になりました。
 勤務時間の希望もかなり聞いてもらえるし、お客様には喜んで頂けるお仕事だしというお話しだったので、喜んでこちらにお世話になることにしました。

 後で会社の人に聞いたら、応募者の5人に1人くらいしか採用していないとのことだったので、私は幸運でした。

お客様宅では、どのようなお仕事をしているのでしょうか?

 あるお宅では、お客様と相談して献立を決め、それに合わせて買い物をし、料理をお作りしています。
 また、奥様が長く入院されているお客様のところでは、幼稚園から帰ってきたお子様の遊び相手をすることなどもあります。 このお子様は私の下の子と年が近いので、自分が遊び相手になることで元気づけられればと思っています。

 それから、仙台に単身赴任されているお客様ですと、お留守の間に掃除や洗濯をさせて頂いております。 また、料理を1~2日分作り置きしてくるご家庭もあります。

お客様とは、普段どのようなお話しをしているのでしょうか?

 最初に言ったように私には小さな子供がいますので、同じような年頃のお子様がいらっしゃるお客様とはどうしても子供の話、子育ての話しが多いです。

 もちろん、料理をお作りするお客様宅では毎回献立のお話をします。 それから、当たり前のことですが、どのお客様とも家事全般のお話しはしょっちゅうします。 また、お話し好きなお客様が多いので、いわゆる世間話もよくさせて頂いて、結構お話しが弾みます。

家政婦のお仕事のやりがいや、やってみてうれしかったことは何でしょうか?

 なんと言ってもお客様に恵まれていて、いつも気持ちよくご奉仕出来ることです。 お客様に「ありがとう。」と言われるたびに、本当にこのお仕事をやっていて良かったと思います。

 それからもう一つ、お客様のところで気持ちを込めて気合いを入れて家事をやっているうちに、自分の家での家事もきちんとやるようになったこと、これもこのお仕事をやって良かった点です。


スタッフの声